世界連邦

プライバシーポリシー
世界連邦イメージ

活動

世界連邦宣言自治体全国協議会では、宣言・加盟自治体の活動を促進するため、主な取り組みとして次の事業を展開しています。

(1) 情報・啓発資料の提供
機関紙『自治体協新聞』の作製・発行、世界連邦運動協会『Newsletter』の配布など。
(2) 自治体職員募金運動
世界平和と難民救済のための自治体職員1人100円募金への協力を宣言や協議会加盟の有無にかかわらず全国の自治体に呼びかけ、数百万円に上る善意をUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とユニセフに寄託しています。平成22年度は両機関を通じて東日本大震災の被災地に送られました。
(3) 会議の開催等
理事会、総会を開いて情報交換や研修を行っています。
(4) 各種大会等への参画
世界連邦推進日本協議会の構成団体として、同協議会主催の「世界連邦日本大会」に参画しています。
(5) 各種事業の後援
世界連邦運動協会が実施する「世界連邦推進全国小・中学生ポスター・作文コンクール」を後援。
また、加盟自治体が実施する世界連邦推進事業に対する交付金制度も新設するなどし、運動の活性化を図っています。

加盟自治体の活動

(平成23年度の事例一部)

成田市(千葉県)
▽折り鶴平和プロジェクト=6月1日〜8月2日
▽広島・長崎被爆写真展=8月11日〜18日
▽平和映画祭=10月4日、11月19日〜20日
▽自治体職員1人100円募金=2月

板橋区(東京都)
▽平和写真・絵画展(小中学生の絵画と戦災関係資料・パネルを展示)=8月17日〜23日(3月6日〜12日の「平和展」でも展示)
▽広島平和の旅(中学生23人が平和祈念式典参列、感想文集発行)=8月5日〜7日
▽長崎平和の旅(中学生23人が平和祈念式典参列、感想文集発行)=8月8日〜10日
▽平和のつどい(式典、旅体験発表、映画上映)=11月9日
▽平和の灯維持管理(本庁舎、平和公園でガス保守管理)
▽日本非核宣言自治体協議会加盟

渋谷区(東京都)
▽平和を考える集い(講演会)=2月14日
▽自治体職員1人100円募金=2月27日〜3月12日
▽平和祈念事業「東京大空襲写真パネル展」=3月19日〜25日

青梅市(東京都)
▽「ナガサキ原爆展」(原爆パネル展)=8月5日〜16日
▽黙祷の呼びかけ=8月6日・9日(ヒロシマ・ナガサキ原爆の日)、8月15日(終戦記念日)、3月10日(東京都平和の日)
▽平和写真展「激動のパレスチナ」(広河隆一氏写真展、世界連邦運動協会青梅支部と共催)=12月7日〜21日
▽自治体職員1人100円募金=1〜2月

小金井市(東京都)
▽ビデオ放映会・原爆写真パネル展=8月3日〜8日
▽平和行事参加の旅=8月5日〜6日
▽非核平和映画祭=8月13日
▽第6回平和講演会=8月27日
▽自治体職員1人100円募金=2月3日〜21日

八王子市(東京都)
▽平和展(写真パネル・戦災資料の展示、原爆パネル展示、ユネスコパネル展示、平和クイズラリー、語り部・朗読劇・紙芝居、市内小中学生による「平和」ポスター展示)=8月3日〜7日
▽平和講演会=7月31日、8月7日

羽村市(東京都)
▽平和の企画展(写真パネル、戦時関連資料、平和関連図書の展示)=8月5日〜14日
▽東京空襲資料展(写真パネル、「平和市長会議」加盟認定証の展示)=3月6日〜12日
▽平和の黙祷=8月15日(終戦記念日)、3月10日(東京都平和の日)
▽自治体職員1人100円募金=2月15日〜3月2日
▽世界連邦宣言自治体東京都区市町村連絡協議会による情報交換等(構成14自治体)
▽平和市長会議に加盟=1月1日

福生市(東京都)
▽「平和のための戦争資料展」=7月16日〜9月25日
▽「平和のつどい」(市民による講演、演奏等)=8月14日
▽黙祷の呼びかけ=8月15日
▽平和講演=3月28日

武蔵野市(東京都)
▽憲法月間行事(書道・イラストの募集・表彰・展示、講演会)=5月15日
▽夏季事業「平和への道 武蔵野から〜戦争も核もない世界を子どもたちに」(写真パネル展、ギャラリートーク、絵本の読み聞かせと紙芝居、戦争体験を聞く会、長崎ピースメッセンジャーを受け入れての交流会・平和学習発表会)=8月1日〜21日
▽武蔵野市平和の日事業(平和に関する標語の募集、写真パネル展、武蔵野市平和の日制定記念講演会、記念植樹、平和の日広報活動)=10月15日〜11月30日
▽戦争体験の聞き取り調査、座談会=12月8日
▽平和案内説明板の設置(戦争遺跡=高射砲陣地跡、記念植樹場所)
▽非核都市宣言平和事業実行委員会(計11回の会議と学習会)

焼津市(静岡県)
▽第27回第五福竜丸事件6.30市民集会(焼津平和賞授賞式、写真展示「イケナイ世界遺産ビキニ環礁」併催)=6月30日
▽第2回焼津平和賞(核兵器廃絶と恒久平和実現のための運動を熱心に行っている国内外の個人・団体を表彰、100万円を贈呈する。平成21年創設)=11月5日〜3月15日募集
▽中学生平和使節団派遣(広島市平和記念式典に14人参加)=8月5日〜6日
▽ビキニ環礁自治体訪問(市長、市議会議長が現地の首長、議員と懇談、博物館視察、被災住民との対話など。平和友好都市提携も検討)=8月18日〜22日
▽焼津平和賞記念シンポジウム(受賞者の幡多高校生ゼミナール代表の基調講演、同ゼミと市内高校生によるパネルディスカッション)=12月23日

宇治市(京都府)
▽小・中学生長崎派遣(平和公園に千羽鶴奉納、原爆資料館見学、平和祈念式典参加など)=8月8日〜9日
▽市民平和の集い(記録映画上映、平和コンサートなど)=8月6日
▽平和の絵(小・中学生から募集し写真展で展示、平和訪問団感想文集の表紙起用など)=6月15日〜7月29日募集
▽平和写真展(巡回原爆展、「平和の絵」展示)=8月8日〜15日
▽平和図書展(平和に関する本を展示・貸出)=8月2日〜16日
▽第49回宇治市平和祈念集会(平和の像への献花、「核兵器廃絶平和都市宣言」朗読、黙祷)=8月15日
▽平和ロビーコンサート(市役所市民交流ロビーに350人来場)=8月15日
▽小・中学生長崎派遣の感想文集発行(550部。学校、図書館、公民館、希望者に配布)
▽平和啓発DVD貸出(小中学生向け「一つの花」)=3月

亀岡市(京都府)
▽平和のコスモス園事業(コスモスを平和のシンボルとして岡山・亀岡両市の中学生が観光園などに種をまき平和交流をPR)=7月上旬〜9月上旬
▽“ヒロシマ”に学ぶ親子平和の旅(小学生親子らが被爆体験談を受講、折鶴を原爆の子の像に捧げる)=7月24日〜25日
▽平和祈念式典(毎年開催の「平和祭」行事の中心的行事として平和台公園平和塔前で挙行)=8月7日
▽ヒューマンフェスタにおける平和のパネル展示(平和の取り組みコーナーを設けて平和関連事業等を紹介)=11月23日
▽亀岡の平和の歌「うつくしもの」を通した平和の発信(平和活動を行う団体へのCD提供、音楽活動等の後援)=随時
▽戦争平和展の開催(戦争にかかわる資料や遺品の実物展示、写真パネル展示)=8月6日〜31日
▽被爆ピアノ平和コンサートと語りべ講話の会(「世界連邦・非核平和都市宣言」1周年記念事業。講話は市内在住の被爆体験者による)=8月21日
▽平和の灯パレードと保津川花火大会(亀岡「平和祭」事業の一環として平和祈念式典で太陽から採火した「平和のともしび」のパレードを経て花火大会の打ち上げ種火として使用)=8月7日

福知山市(京都府)
▽ミニミニ原爆展(広島・長崎の被災写真展示と「長崎平和学習の旅」参加者の制作物品)=7月20日〜29日、8月4日〜16日
▽広島平和行動(ホロコースト記念館、広島平和公園での平和学習・行動)=8月5日〜7日
▽沖縄人権文化体験研修(高校生が沖縄の歴史や文化、沖縄戦の実相に触れることで戦争の悲惨さ、平和や人権の尊さを学ぶ)=8月7日〜9日
▽長崎平和学習の旅(高校生が長崎の平和事業に参加)=8月8日〜10日
▽広報ふくちやま(広報紙に上記活動の報告記事を掲載)=11月
▽臨界前核実験に対する抗議文の送付(米国大使館あて)=通年

岡山県
▽世界連邦岡山県協議会県大会(県内世界連邦関係4団体と連携、有識者による講演会)=7月
▽世界連邦岡山県協議会児童生徒ポスター・作文コンクール(入賞作品等の展示・表彰、4団体連携)=11月
▽自治体職員1人100円募金=1〜3月

綾部市(京都府)
▽綾部市民平和祈願の集い(世界連邦旗等掲揚、平和の鐘打鳴、黙とう、合唱等)=8月15日
▽終戦記念日正午のサイレン吹鳴・黙とう呼び掛け=8月15日
▽世界連邦推進綾部市小・中学生ポスター・作文コンクール作品募集=7〜9月
▽平和と環境の日記念・地球市民の集い(世界連邦推進綾部市小・中学生ポスター・作文コンクール表彰式、優秀作品展示、記念講演会=高嶋由美子・国連UNHCR協会事務局長「難民と一緒に働いて」)=10月15日
▽元旦国旗掲揚式(ボーイスカウトの恒例行事に参加)=1月1日
▽自治体職員1人100円募金=1〜3月
▽平和講演会(特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス創設者の鬼丸昌也理事を招き「世界平和のために、私たちにできること“NGO活動の現場から”」と題して講演。綾部世界連邦運動協会と綾部市市民憲章推進協議会主催)=2月26日

  • 概要
  • 歴史
  • 活動
  • 会員
  • リンク
  • お知らせ

世界連邦のマークは地球を表したもので、世界的に結ばれているという意味で二重丸に緯度と経度を示す十字を組み合わせ、周囲の英文で「世界法による世界平和」を唱えています。