世界連邦

プライバシーポリシー
世界連邦イメージ

お知らせ

カテゴリー「シンポジウム」の記事一覧

平成27年度総会を開催

世界連邦宣言自治体全国協議会(会長、山崎善也・綾部市長)は7月10日、東京都小金井市で平成27年度総会を開きました。

加盟13自治体から首長、議長や来賓合わせて30人が出席。平成27年度事業計画・予算や全役員の再任などを承認・決定しました。

また次期・平成28年度総会を京都府宇治市で開くことを申し合わせました。

総会後、一般にも公開して行った研修会では、上村司・外務省中東アフリカ局長が「中東情勢から見る世界平和」と題して講演し、中東の歴史や最新情勢を解説しました。

平成27年度総会資料

研修会資料

平成25年度総会

世界連邦宣言自治体全国協議会の平成25年度総会は7月26日、静岡県焼津市で開催。

今回は加盟自治体の議会にも参加を呼びかけ、12自治体から首長や正副議長、来賓ら25人が出席しました。

世界連邦・平和運動の推進に向けて関係機関・団体の連携強化を図ることなどを盛り込んだ事業計画案や役員新体制などを承認・決定。

また研修で加藤一夫・静岡福祉大学名誉教授の講演を聴いた後、懇談会を開き情報・意見の交換を行いました。

総会資料は別添のとおり。

H25総会資料

平成24年度総会開く

世界連邦宣言自治体全国協議会の平成24年度総会を7月13日、東京都武蔵野市で開きました。

加盟16自治体から26人が出席し、来賓として世界連邦日本国会委員会の中野寛成会長も掛けつけ、あいさつ。

平成23年度事業・決算報告と24年度事業計画・予算案を原案どおり承認したほか、協議会の活性化に向けて役員体制を改編することを申し合わせました。

 

続いて行った研修では、目加田説子・中央大学教授(国際公共政策)が「行動する市民が支える平和」と題して講演。

また懇談会を開き、情報・意見の交換を行いました。

来年は静岡県焼津市で開催。

 

 

 

 

  • 概要
  • 歴史
  • 活動
  • 会員
  • リンク
  • お知らせ

世界連邦のマークは地球を表したもので、世界的に結ばれているという意味で二重丸に緯度と経度を示す十字を組み合わせ、周囲の英文で「世界法による世界平和」を唱えています。